創作民話「こもの中」朗読会 開催終了の御礼

創作民話「こもの中」朗読会 開催終了の御礼
2016年6月12日、当硲伊之助美術館にて開催された創作民話「こもの中」朗読会は無事終了しました。
第一部は国立能楽堂の企画制作課長である猪俣宏治さまによる、舞台である室町時代の能の解説が行われ、続く第二部では作者である竹田真沙子さまの朗読会が行われました。
朗読会終了後には引き続き竹田さまによる敷地および加賀江沼の伝統芸能や土地柄・人柄の解説が行われ、竹田さまの「会場の雰囲気がよく、熱心な参加者が多かった。機会があればまた行いたい」とのお言葉をいただきました。まことにありがとうございます。またご縁がありましたら当美術館としても協力してゆきたい考えでいます。


また、今回の朗読会でも展示された「こもの中」挿絵陶板画は、7月より当美術館内にて展示再開します。