特別展「生誕125周年 硲伊之助 古九谷追想」開催中

現在、九谷焼美術館にて特別展「生誕125周年 硲伊之助 古九谷追想」が開催中です。
一水会の創立にかかわり、4度の渡欧の中でマティスにも師事し数々の作品を制作した硲伊之助は、古九谷と出会い、その色彩調和に共鳴し、古九谷が油彩画に通じる色彩絵画であるとの認識から、昭和37年に加賀市に「九谷吸坂窯」を建設し、硲三彩亭の名を陶石、釉薬にもこだわった多くの色彩磁器の制作を行いました。
生誕125周年にあたる本年、硲伊之助の意思を受け継ぎ、作品を数多く所有する硲伊之助美術館(加賀市吸坂町)の全面協力を得て、特別展を開催します。色絵磁器作品を通して、硲が生涯追及し続けた「絵画表現」を紹介します。

《公式パンフレットより》

加賀温泉駅前のアクセスの良い美術館ですので、感染症にご注意の上、ご観覧いただけると幸いです。

硲紘一作品 吸坂手草花文皿

当館ネットショップに、硲紘一作品「吸坂手草花文皿」を追加しました。
今後、ネットショップでは陶芸作品を販売していく予定です。

詳細情報や写真の追加も行っていきますので、気になる作品などありましたらお問い合わせ等でお知らせください。

硲紘一作品 吸坂手草花文皿

営業再開の案内

新型コロナウイルスの影響で大変な状況が続く中、心よりお見舞い申し上げます。

硲伊之助美術館では休業要請の終了に伴い、5月6日より営業を再開いたしました。
休業前に引き続き、6月21日まで九谷吸坂窯展を開催中です。
即売会も実施中ですので、お近くにお住いの方はご来館いただけますようお願い申し上げます。