九谷吸坂窯便り 第12回

硲伊之助美術館を訪れた人は時々、「広い地面ですね」とつぶやく。山を削り、工房兼住居を建てるために台地が作られた。谷を必要以上に埋めることはなかったので平らな所は少ない。町中を通る道路や隣りの家から少し離れているのは、制作環境として一定の静けさを求めたからだ。
 吸坂町の人の協力もあって土地の取得は思ったより順調に進み、宅地造成に動いていたブルトーザーはそのまま「九谷吸坂窯」建設に使うようになった。
 大聖寺川上流旧九谷村にある古九谷窯跡を見るため、途中で立ち寄った村落、我谷村でのダム建設によって消滅する菅屋根民家との出会い。その村落では長い間火事がなかったので菅屋根民家が残っていた。先祖代々住み続けてきた家屋をダム建設のため壊され、その地を去らねばならないことに、集落の人々は納得いかない表情を浮べていた。何とかしてほしいとの思いが伝わってきた。これらの民家は江戸時代初期のもので古九谷の時代と重なる、これを移築、再生することに決めたことが、吸坂の土地購入へとつながっていった。
 「九谷吸坂窯」建設が始まったが、住居は東京に在り、東京での用事も多々あって、その進捗状況を逐一見てはおれない。それでも出来るだけ出かけることにしたが、ある時は土をやたらに削っていたので、それ以上はとらないようにと慌ててストップ、ストップと叫んだこともあった。
 いずれにしても町のボスに頼らざる得ない状況で、他には誰一人、知り合いのいない土地だった。そのような中で、そのボスはいろいろと相談にのってくれる親切な人だった。我谷村の古民家と解体移築し建設する大工、その屋根を菅でふく屋根屋、さらに石屋、壁谷など全て彼の手引きによって進行していった。ところが、その職人達がとんでもない連中だった。棟上げの時しか顔を見せないピンハネ大工、温泉旅館に泊り、毎晩好きなだけ酒を飲みやってくる屋根屋など、それでも請求書だけはきちんと持ってきた大工に、さすがの硲先生も「一本でもまっ直ぐに立っている柱があるのか」と怒鳴った。
 一方、土地の取得は進んだとは言え、不在地主がいたり、登記していない土地が大半だったので、登記簿を作らなければいけなかった。大聖寺の司法書士に入ってもらい、当方の地主との折衝は東京のKさんに頼んだ。Kさんがいろいろと調べてみると、私文書偽造してとんでもないことをやろうとしていたことが発覚。Kさんは村人を怒鳴りつけた。その後東京から何度も通ってもらい登記簿は出来上がった。

※本記事は夢レディオ編集室Vol.44(2017年1~3月号)に掲載されたものです

深田印刷 平成31年 オリジナル年賀状

今年も深田印刷さまによるオリジナル年賀状の季節がやってまいりました。
今年の当館提供の年賀状では硲紘一が「九谷色絵千両皿」、海部公子は「九谷色絵南天皿」の年賀状をご提供しております。

ご購入希望の方は深田印刷までご連絡ください。